シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウェス・アンダーソン監督の集大成であることに間違いない。

  • 犬ヶ島
    ★★★★

    『ファンタスティック Mr. Fox』以来となる、ウェス・アンダーソン監督のストップモーションアニメは、独特な色彩感覚やシニカルな笑いから生まれるウェルメイド感など、監督のフィルモグラフィの集大成。情報量の多さ、和太鼓をベースにしたアレクサンドル・デスプラによる旋律のインパクトに圧倒される。劇中でみられる日本愛も、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』に負けずとも劣らないが、ツッコミどころ満載な“奇妙な果実”感に至っては、完全な狙いだけに一枚上手だ。ただ、“異文化を楽しむ感覚”を追求しすぎたことで、日本人にとってはデザイン重視で小さすぎるテロップや主人公の発音が癇に障る瞬間もあり、★マイナス。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ボス・ベイビー』『友罪』『榎田貿易堂』『フューチャーワールド』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE 」にてDAIGO/広瀬アリス、清水尋也、小栗有以、「Cinema★Cinema」にて佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星、「CREA WEB」にて稲葉友インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク