ADVERTISEMENT

ヌーヴェルヴァーグの香り漂うホン・サンス流女性賛歌

2018年5月31日 なかざわひでゆき それから ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
それから

 尊敬する出版社社長は、蓋を開けてみれば浮気性で恐妻家の優柔不断なダメ男。出社初日から社長夫人に不倫相手と勘違いされ罵倒され、さらにはひょっこりと戻ってきた社長の愛人にあっさり仕事を奪われてお払い箱となるヒロイン。はい、訳知り顔で女性にウンチクを垂れるインテリ男ほど信用なりません。
 で、そんな踏んだり蹴ったりな騒動の顛末を、モノクロームの柔らかな映像でユーモラスに映し出しつつ、ままならぬ人生をしっかりとした足取りで歩もうとする女性の強さと決意を鮮やかに浮かび上がらせる。ヌーヴェルヴァーグの香り漂うホン・サンス監督の演出、ナチュラルでしなやかなキム・ミニの芝居。実にセンスの良い小品佳作だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT