シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

目を背けていた、この国の犠牲者達の素顔を看破する、切ない寓話

  • 万引き家族
    ★★★★★

     ひとつ屋根の下、三世代6人が身を寄せ合い喜怒哀楽を共にする――自ら選んだ絆で繋がり秘密を共有し、支え合うその姿が、失われた豊かな家庭に重なりアイロニカル。生きるため家族のふりして泳ぐこの国のスイミー達。ささやかな年金、下りない労災、貧しさのワークシェア…根底にあるのは政治への強い怒り。万引きという最終手段は、弱者を切り捨てた社会への抵抗である。実の親に放擲された子への眼差し、淋しさを紛らわす風俗店の膝枕、夕立ちのなまめかしい発情そうめん、花火の上がらない空を見上げる夜…全てが切なく愛おしい。この寓話を観もせず“犯罪を肯定的に捉えた日本の恥”と断ずるリテラシーが劣化した声こそ、この国の恥部だ。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク