シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スピンオフとして、これは正当な作り

  • 『ローグ・ワン~』が、それに続くエピソード4に物語のバトンを渡す役割だったのに対し、今回の『ハン・ソロ~』は、あくまでも青年ヒーローの冒険ドラマとして独立性が高い。スピンオフとは、こういうものだという見本。冒頭、惑星コレリアの徹底的ダークな色調や、アクション見せ場の配置など、本シリーズとの距離は意識されている。点在するシリーズへのリンクでは、若きハン・ソロ役のオールデンが、立ち方や腕の位置など微妙にハリソンの癖を模倣して健闘。チューバッカやミレニアム・ファルコンとの遭遇というポイントに、ジョン・ウィリアムズのスコアが重なれば、本能的に心が震える。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 『小さな恋のメロディ』のロケ地が残っているかどうか確かめに行ったところ、メロディのパパが入り浸っていたパブや、メロディが金魚を放した石の池が、50年近く経っても存在してて感激!

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク