シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

あの伝説の瞬間が目撃できる!

  •  ハン・ソロについて語られてきたさまざまな伝説が、実際はどんな出来事だったのか、それが目の前で繰り広げられて興奮せずにはいられない。しかもそれらの出来事には、ちょっとしたヒネリも加えられている。さらに、知られていなかった事実が幾つか明らかになる。これまでの名セリフを踏まえたセリフの数々に、思わずニヤリとさせられる。それだけでもう大喜びだが、そんな『スター・ウォーズ』ファン視点を気にしなくても楽しい冒険活劇。無法者のベケットや操縦士のリオ・デュラント、女性型ドロイドL3-37など、シリーズ初登場の登場人物たちはみなキャラが立ってて魅力的。夢を抱く一人の若者の繰り広げる冒険が、胸躍らせてくれる。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: デヴィッド・クローネンバーグの息子、「アンチヴァイラル」のブランドン・クローネンバーグ監督・脚本の新作SFサスペンス「Posesser」 は脳移植ネタとのことで、前作に続いてその道を邁進しそう。そのキャストが決定、「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」のアンドレア・ライズブロー、「イット・カムズ・アット・ナイト」のクリストファー・アボットに加えて、「オデッセイ」のショーン・ビーン、「アナイアレイション-全滅領域-」のジェミファー・ジェイソン・リー、「ハイライズ」のステイシー・マーティンが出演するとのことで、その出演作を並べるだけで、この監督の趣味が見えてくる感じ?

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク