シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

新生チームの“OCEAN'S AND THE CITY”

  • オーシャンズ8
    ★★★★

    ラスベガスならぬN.Y.を舞台に、シスターフッド化して蘇った『オーシャンズ』。元々このシリーズはハリウッドに批評的な距離を置くソダーバーグが、21世紀において古典的なケイパームービーを復活させる実験的側面があったと思う。今回はその「メタ伝統」を受け継ぎつつの新機軸。基本は『11』の語り直しだが、なぞっているラインと反転させた箇所の両方あるのが興味深い。

    監督がゲイリー・ロスに代わったことでエンタメ度が明快に。ラスタな天才ハッカーに扮するリアーナなどキャラもばっちり。名物のカメオ出演や、バンクシー等の小ネタも面白い。ちなみに“元カレ”の扱いなど宮藤官九郎脚本の『監獄のお姫さま』に似てるよね!?

⇒映画短評の見方

森 直人

森 直人

略歴: 映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「週刊プレイボーイ」「Numero TOKYO WEB版」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。

近況: BSスターチャンネルの無料放送番組「GO!シアター」、7月は『正しい日 間違えた日』『菊とギロチン』『ヒトラーを欺いた黄色い星』についてコメントしています。執筆参加した『世界のカルト監督列伝』『鬱な映画』『漫画+映画!』『新世紀ミュージカル映画進化論』『究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10』(いずれも洋泉社)が発売中です。

サイト: http://morinao.blog.so-net.ne.jp/

» 森 直人 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク