シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伝奇ホラー的ムードたっぷりの韓流時代劇ミステリー

  •  朝鮮王朝時代を舞台に、お調子者で女好きの名探偵キム・ミンとおバカな相棒ソビルの活躍を描いた時代劇ミステリー・シリーズの第3弾。今回は2人がヴァンパイア騒動の真相へと迫る。
     ノリとしては「シャーロック・ホームズ×ロール&ハーディ×ドラゴンvs7人の吸血鬼」といったところか。幻想的でスタイリッシュな伝奇ホラー的ムードはたっぷりだし、ワイヤー・ワークを駆使したカンフー・アクションも盛り込まれている。スラップスティックなギャグのセンスも抜群。この種のアジア時代劇の常として、時代考証なんかはかなり適当だけど、まあ、そこも含めて気軽に楽しめる痛快な娯楽映画である。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 映画および海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で10年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)などの著作も多い。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク