芸術はやはり人生を豊かにしてくれると実感

2018年8月17日 山縣みどり オーケストラ・クラス ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
オーケストラ・クラス

子供オーケストラを指導する立場になった中年バイオリニストと子供の物語、と聞くと展開は想像できてしまうし、意外性はない。しかし、舞台を経済的に恵まれ得ない移民が多い地域にしたことで物語に深みが出ている。特に軸となるのが父親を知らない移民少年で、彼の悲しさから国を出なければならない移民の状況が見え隠れする。また大成できないまま音楽家人生に固執する男性が音楽の魅力に徐々に目覚める子供と接することで自身の生き方を見直す点もお約束とはいえ感動ポイント。子役の自然な演技も素晴らしい。「音楽、いいね」だけで終わらせない盛り上げ方は監督自身が移民だからのようで、登場人物すべてにリアリティがある。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]