シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

あくまでも、東宝作品に脚色

  • 累 −かさね−
    ★★★★★

    原作コミックのヒロイン・累の醜さをガチで表現するのは、今の東宝作品では困難なので、そこはツッコまない。で、見どころである芳根京子と土屋太鳳の共演。2人が役柄にやりがいを感じ、全身全霊で演じているのは確かなので、そこに焦点を絞って観るには問題ない。ただ、『フェイス/オフ』並みに荒唐無稽な設定だけに、佐藤祐市監督にはリアルさ重視より、大林宣彦監督的なブッ飛んだ演出で攻めてほしかった。浅野忠信演じる事務所社長のいかがわしさも、さらに際立ち、『守護天使』あたりの狂った仕上がりを期待していただけに、残念としか言いようがない。やはり、舞台のアングラ感も含め、このテの原作モノは、大手がやるには無理がある。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「DVD&動画配信でーた」にてポン・ジュノ監督×細田守監督、「CREA WEB」にて藤原季節、「映画秘宝」にてM・A・Oなど、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク