シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

見ながら、口を押さえている自分に気づくはず

  • クワイエット・プレイス
    ★★★★★

    音に反応する“何か”と対決するアボット一家のサバイバルを描くSFホラーは、最初から最後まで一気呵成に見せるパワーに満ちた傑作。幼子が襲撃されるショッキングな冒頭で興味を引き、壁に貼られた新聞記事や家長リーが焚く狼煙といった形で世界状況を完結に説明。日常に潜む小さな危機を描きながら、一家に迫る脅威への恐怖を煽る演出が素晴らしい。登場人物が声を出しそうな場面で何度、自分の口を押さえたか。“何か”の小出しもスリリングだし、子を思う親の愛情が伝わってくる場面では涙。TVシリーズ『The Office』時代は木偶の坊キャラかと思っていたJ・クラシンスキーの才能がついに開花した。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク