17世紀オランダ絵画を再現する映像美に酔う

2018年9月28日 平沢 薫 チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

 映像の陰影の豊穣さ。原作小説の挿絵に17世紀のオランダ絵画が使われていることを踏まえて、映像はそれらの絵画の色調と明度を再現。17世紀、商業が栄えた黄金時代のアムステルダムの雑踏の賑わい。抑制された豪奢。装飾品も衣装も、色彩は地味に抑えて、素材で贅沢を極める。あまり光の入ってこない室内で、衣服の襟にたっぷり使われた繊細なレースの白さが鈍い光を放つ。
 撮影はデンマーク出身、「ヒットマンズ・レクイエム」の雨に濡れたブルージュの街路を撮ったアイジル・ブリルド。美術はニール・ジョーダンの吸血鬼映画「ビザンチウム」のサイモン・エリオット。衣装は「ある侯爵夫人の生涯」のマイケル・オコナーだ。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」「Movie Walker」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:「ザ・ループ TALES FROM THE LOOP」@Amazon Prime の世界が静かで寒くて切ない。クリエイター・コンビの一人は、ディストピア画集「エレクトリック・ステイト」のシモン・ストーレンハーグ。もう一人は「レギオン」「アウトキャスト」の脚本家ナサニエル・ハルパーン。この2人にピンとくるなら必見。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]