シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アメリカン・ドリームを追い求めた若者たちの栄光と転落

  • ビリオネア・ボーイズ・クラブ
    ★★★★★

     レーガン政権時代の’83年。景気回復に沸く華やかな大都市ロサンゼルスで、一獲千金を狙う野心家の若者2人が上流階級のリッチな若者たちを抱き込んで投資グループを立ち上げる。しかし、その実態は投資家を騙して金を巻き上げる詐欺集団だった…という、実際にアメリカで起きた巨額詐欺事件を基にした作品だ。どうやら事実の脚色が多いらしく、その点が当時の記憶もまだ鮮明なアメリカでは批判されたようだが、富と名声に憧れるあまり才能を間違った方向に使ってしまった若者たちの栄光と転落をテンポ良く描いて悪くない。ちらっと出てくるアンディ・ウォーホル役がそっくりなので誰かと思ったら、ケイリー・エルウィスなのでビックリした。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク