シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

色眼鏡なしで評価すべきエンタテインメントの名手出現!?

  • サンブンノイチ
    ★★★★

    頻繁に時制を往還してこそ活きる複雑なプロットを、観客のアタマを無駄に働かせることなくスピーディに描いてみせる巧みな演出。「しゃべくり」と「喧嘩≒アクション」へのこだわりを容赦なく俳優たちに課しつつも(しかも長回しを多用して)いちいちキマっている。劇中でてらいもなく吐露されるようにタランティーノの作劇術が範であるのは明らかだが、前作『漫才ギャング』も相当に感心したことだし“おしゃべりクソ野郎”の映画の才は本物と認めていいだろう。俳優陣もスタッフも、かなぁりノッていたのではないか。竜也・小杉・聖の好演はいわずもがな、得体の知れぬイカれたムードを分泌する池畑・窪塚・木村了の怪演も楽しい。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク