シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

意外なところが怖かった

  • 来る
    ★★★★★

    妙に心地よい音楽と、テンポの良すぎる会話や編集が生み出す不思議なムード。特定の人物に感情移入することを遮断する作り、などなど中島監督らしい世界が怒涛のごとく展開。衝撃描写もこのムードの流れで出てくるとそんなに怖くなく、ホラーが苦手な人にも安全かと。

    前半、メインキャストの演技に違和感があるが、それが親密な者同士の意思のズレや、人間の隠れた邪悪さの伏線だったりして、その部分でゾクゾクさせられた。

    「あれが来る」「あれが」とやたらセリフに出るが、実際に「あれ」と思わせぶりに連呼されるのは不自然で、やがて「あれ」の真実はどうでもよくなる。想定外な部分が面白いところが、これまた中島監督作品らしい。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 久しぶりに日本映画の撮影現場に通っている、2019年の年明け。いろいろな意味で物議を呼びそうな作品でもあります。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク