マックィーン監督&ファスベンダーの原点が遂に!

2014年4月5日 中山 治美 HUNGER/ハンガー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
HUNGER/ハンガー

 アカデミー賞効果でマックィーン監督の長編デビュー作が遂に日本公開。カンヌをはじめ世界中で賞賛されたのにようやく…だ。役者を追い込む妥協なき演出はここから始まっている。
 物語は、収監されたIRAメンバーと看守たちの壮絶な攻防戦を描いた実話だ。暴力、糞尿、そしてM・ファスベンダーが本当に激痩せしたハンガーストライキと目を背けたくなる場面の連続。だが同時に、彼らの強固な信念と怒りの源はどこから来るのかと考えさせられずにはいられないだろう。その一助となるであろうP・グリーン・グラス監督『ブラディ・サンデー』も劇場未公開(DVDのみ)だった。こちらも隠れた名作。合わせて脚光が当たることを期待したい。

中山 治美

中山 治美

略歴:茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごとはくぶつかん情報館内で「おしごと映画」を執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況:本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。ライフワークの旅の記録をまとめたブログはこちら。https://tabisutekaisyu.amebaownd.com

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

中山 治美さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]