シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

刀だけは知っている。その世界に破綻ナシ!

  • 映画刀剣乱舞
    ★★★★

    突飛な設定やキャラを「作り物」として、いかにうまく見せるかが映画なら、今作は十分に成功と言える。時空を超えるSF的物語なので、ツッコミどころがあるのは仕方ない。しかし辻褄は合っており、歴史の改変という大胆さも、歴史ファンを納得させるレベルかと。

    男オンリーの世界なのに、なぜか「宝塚」のようなムードになったり、当然のごとく戦隊モノのノリも感じさせるが、刀の化身を演じた俳優たちのアクションに、達人のケレン味の巧さがあり、それをとらえるカメラも、ありがちな臨場感を求めた余計な手ブレを回避し、しっかり見せた点が好印象。空や花を心象に重ねるのも映画らしく、主演・鈴木拡樹の台詞回しがこれまた味わい深い。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 久しぶりに日本映画の撮影現場に通っている、2019年の年明け。いろいろな意味で物議を呼びそうな作品でもあります。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク