シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドラゴ親子の主演でスピンオフを希望!

  • クリード 炎の宿敵
    ★★★★★

     アポロの息子アドニスが、かつて父親を殺した旧ソ連のボクサー、ドラゴの息子と対決する。このプロットだけでも『ロッキー』ファンなら感慨深いことだろう。東西冷戦の終結から約30年、対ロッキー戦の敗北で地位も名誉も失い、妻にまで見限られてしまったドラゴは、すっかり偏屈で疲れたオッサンになっている。そんな彼が自ら厳しく鍛え上げた息子ヴィクターを、いわば汚名挽回のための道具として使い、アドニスを打ち負かそうとけしかけるわけだ。屈折した父親の復讐心に疑問を抱き始めるヴィクター。ロッキー&アドニスのドラマよりも、気付けばこちらの複雑な親子関係に感情移入してしまう。是非ともドラゴ&ヴィクターでスピンオフを!

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク