シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ISと戦う実在のクルド人女性部隊をモデルにした力作

  • バハールの涙
    ★★★★

     対ISのクルド人女性部隊は以前日本でも報道されたが、これはその彼女たちをモデルにした作品だ。主人公はヤズディ教徒のクルド人女性バハール。故郷の町をISに襲撃された彼女は、夫を含む男性住民を虐殺され、幼い息子を奪われ、自らも7000人の女性と共に性奴隷として売り飛ばされる。そして、この世の地獄をかいくぐって脱走し、女性戦闘員に志願したのだ。そんな彼女の生き様を、戦場で片目を失いながらも真実の報道に命を懸ける女性ジャーナリストとの友情を通して描く。浮かび上がるのは、家父長的社会で女性の置かれた理不尽な境遇だ。舌足らずで不完全な部分は否めない作品だが、それでもなお胸を打つに十分な説得力がある。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク