シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バーニング 備長炭版

  • 半世界
    ★★★★

    美しい景観を持つ地方都市を舞台にした3人というと、『大鹿村騒動記』を思い出すが、ジャン・ベッケル監督の『画家と庭師とカンパーニュ』との共通点も多い。『十三人の刺客』以降、クセの強い助演として評価されてきた稲垣吾郎だけに、疑問に思えた炭焼き職人役だったが、頑固で不器用なおっさんにしか見えない、というか覚悟を感じる芝居で魅了する。ほかにも芸達者揃いということもあり、独特な世界観に没入できるうえ、いきなりのヴァイオレンス描写や三角形などの印象的なセリフから醸し出される奇妙な空気感もいいスパイスに。どこか既視感もありながら、近年の阪本順治監督作では出色の出来といえるだろう。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『サイバー・ミッション』『ギャングース』『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて笠松将、「TV LIFE」にて葵わかなインタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク