シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

イギリス王室内のマウンティングに女心がうずく

  • 女王陛下のお気に入り
    ★★★★★

    女王の寵愛を争う侍女のバトルが実話とはびっくり。それぞれが政党や貴族という国政の中枢を担う男たちを味方につけ、権力を手中に収めようと女王の気を引く深謀遠慮を張り巡らせるあたりが実に女子っぽい。ランティモス監督が女性に意地悪な視線を向けているのかと思ったが、家督を継げない女性貴族の生き残り術と長年に渡ってサバイバルしてきた女性への敬意なのだろう。賞レースで絶賛されている女優3人は見事な快演を披露し、女王の寝室周りの工夫がユニークな古城や美術、豪華な衣装と見どころ満載。R・ワイズ演じるレディ・サラはダイアナ妃の祖先でもあり、マウンティングは現代にも脈々と受け継がれたと勝手に納得。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク