シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人体破壊てんこ盛りのオージー版ジョン・ウィック

  • メッセージマン
    ★★★★

     これはなかなかの拾い物である。オーストラリアの新人監督とテレビスターが、インドネシアで作ったウルトラハードなバイオレンス・アクション。ジャカルタ近郊の漁村に身を隠す引退した元殺し屋が、心を通わせた現地人の母子を守るため、海賊一味や犯罪組織に壮絶な戦いを挑む。ストーリー自体はぶっちゃけ平凡だが、ダイナミックで切れ味の良いカメラワークや、人体破壊てんこ盛りのスプラッターな暴力描写は見応えあり。なにより、主人公メッセージマンのジョン・ウィックも顔負けな無敵っぷりと、悪党どもも恐怖でドン引きする超残忍な殺しっぷりが痛快。B級アクション好きは必見だ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク