シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

陽光が降り注ぐ家、胸を締め付ける物語

  • マローボーン家の掟
    ★★★★

     大自然の緑に囲まれた一軒家は、開け放たれた窓から眩しい陽の光が降り注ぐ。しかし、その家で暮らすマローボーン家の兄弟たちには秘密があり、室内の影には何かが潜んでいる。その明るさと暗さのコントラストが美しく、その魅惑的な映像で描き出される物語は、あまりにも切ない。
     加えて、兄弟たちのあやうさ、彼らが出会う少女のすこやかさの対比も魅力。兄妹弟役の「はじまりへの旅」のジョージ・マッケイ、「サスペリア」のミア・ゴス、TV「ストレンジャー・シングス」のチャーリー・ヒートン、三者三様の不安定さ。彼らの前で、少女役の「ミスター・ガラス」のアニャ・テイラー=ジョイが瑞々しい生命力を輝かせる。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: やっとAmazonの「アメリカン・ゴッズ」シーズン2の日本配信が始まってめでたし。でも毎週1話配信でヤキモキ。全米ではAmazonで5月31日配信の「グッド・オーメンズ」の同時配信を切に希望。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク