シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

美しくも、残酷すぎる青春賛歌

  • 芳華-Youth-
    ★★★★

    描かれている時代は違えど、導入は『So Young~過ぎ去りし青春に捧ぐ~』にも似た若者の青春物語だけに、フォン・シャオガン監督作としてはどこかモノ足りない。だが、あの『シュウシュウの季節』と同じ原作者なので、“集団”を重視する軍の歌劇団から想像もつかない劣悪なイジメから、作り手の歯止めが利かなくなるほどリアルで残酷な中越戦争へと、今度も可憐なヒロインを災難が襲い掛かる。そして、希望はあるものの、衝撃的なラストに唖然。全体的な流れは決して良くないものの、各エピソードのインパクトに加え、中国政治に対する批判や“紅”を強調した画作りなどもあり、大河ドラマとしての見応えは十分。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて浜辺美波・高杉真宙・森川葵、「CREA WEB」にて若葉竜也など、インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク