シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

DCのシリアス路線を逸脱するユーモアに爆笑

  • シャザム!
    ★★★★

    ダークでシリアスなDC映画とは一線を画し、謎の老人に導かれてシャザムとなった少年ビリーの成長はユーモアたっぷり。大人の肉体に子供の心というアンバランスさ、主人公とオタク少年や天然少女とのやりとりが笑いを誘う。シャザムに変身後のずっこけぶりは『ビッグ』を意識しているし、Z・リーヴァイはT・ハンクスに続くと思わせる名演を披露。歌う場面が用意されているのは監督の気配りか。スーパーパワーを持て余すヒーローらしからぬ言動も15歳なら当然だし、世間から顧みられなかった孤児が世界を守ろうと立ち上がるまでの心模様も納得できる。家族第一主義はディズニーっぽいが、里子たちの結束に胸が熱くなった。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク