シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

爆笑させつつ、新たなスーパーヒーロー論を宣言!

  • シャザム!
    ★★★★

     スーパーヒーローが大挙活躍中の今、ヒーローは自分がどういう思想を象徴する存在なのかを明確にするようになった。シャザムが宣言するのは"分かち合うことが出来てこそ、真のパワーだ"という主張。これが"中身はコドモ"の陽気なヒーローによく似合う。
     突然、 超絶パワーを手に入れた高校生がロクなことをしないのが「クロニクル」だが、それが14歳の中学生で、悪ふざけもするが仲間のために本気で戦ったりもするのが本作。思考法も口調も14歳なのに、外見はスーパーマン系成人男性というギャップが笑える場面が続々。本作同様に子供が成人の外見になる名作「ビッグ」へのオマージュや、DCコミックだからこそのオマケも楽しい。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: やっとAmazonの「アメリカン・ゴッズ」シーズン2の日本配信が始まってめでたし。でも毎週1話配信でヤキモキ。全米ではAmazonで5月31日配信の「グッド・オーメンズ」の同時配信を切に希望。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク