シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

1作目のファン心をくすぐりながら、原点回帰

  • 貞子
    ★★★★★

    怪作『貞子vs伽椰子』でイクところまでイッてしまっただけに、ある意味、軌道修正というか原点回帰。そのため、今やJホラーの王道といえる中田秀夫監督の恐怖演出が炸裂。近年、作品ごとに違った顔を魅せる池田エライザが、行方不明になったYou Tuberの弟を救おうとする姉を熱演し、スクリーム・クイーンっぷりも見どころだ。とはいえ、『リング2』では精神病院送りになっていた倉橋雅美を演じる佐藤仁美のインパクトにはかなわないわけで、ほかにも1作目のファン心をくすぐるネタもいくつか登場。一方、1作目のフォロワーである『ラ・ヨローナ ~泣く女~』と同様、児童虐待が裏テーマになっている点も興味深い。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて浜辺美波・高杉真宙・森川葵、「CREA WEB」にて若葉竜也など、インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク