シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アップデートか、そのままか。いずれにしても美しい

  • ライオン・キング
    ★★★★★

    同じ監督の『ジャングル・ブック』は、まだ「作られた映像」を認識できたが、今回は本物の動物が「生きている」としか思えない。それゆえに冒頭の「サークル・オブ・ライフ」から異様なレベルで動物王国に没入してしまう。やや不安だったミュージカル場面への移行も、動物が「生きている」ためスムーズだし、コミカル色は薄めにして違和感を抑えた。実写同然になったことで、動物の本能の描き方も生々しく、荒々しく、エグくなるが、守りの姿勢に入らず好感。『美女と野獣』『アラジン』のように、現在、復活させる意味を足した物語のアップデートは、多様性の強調などごくわずかだが、映画史に残る「芸術」の域なのは間違いなく、満点としたい。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 母校の神奈川県立湘南高校で映画の仕事の話をする機会をもらい、在校生から「将来、映画の仕事をしたいのですが、どうすればいいか」と相談を受けました。次世代に何かを伝える機会を得られて有意義な時間に。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク