悪魔の取引を迫られる菅田将暉

2019年7月25日 村松 健太郎 アルキメデスの大戦 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アルキメデスの大戦

戦争の足音が近づいてきた中で、日本海軍の内部の巨大戦艦を重視する保守派と航空戦力の拡充を求める派閥の争いに“数学”というアクセントを加えたロジカルなエンターテイメント。数学の天才・櫂直(かいただし)を演じる菅田将暉の変人プリが見ていてい楽しい。クライマックスの軍事会議でのは舘ひろし、國村隼、小林克也、橋爪功、田中泯と言ったベテランと菅田将暉が繰り広げる舌戦シーンは見ごたえがあります。山崎監督は宇宙戦艦でない方のヤマトも映画にしましたね。菅田将暉の変人キャラの面白さで★一つプラス。舘ひろしの少し若々しい山本五十六のキャラクターも意外で新鮮でした。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]