シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

この少年の選択こそ、世界を壊してきた私達自身の行いではないか

  • 天気の子
    ★★★★

    結末がハッピー/バッドのいずれにも取れるのは、多様な視点が鏤められているからだ。君と僕のセカイが有機的に世界に結びつく作劇に、進化を見る。酷薄な街で性風俗に堕ちる少女を救う滑り出しは凡庸だが、魔法で生計を立て社会と切り結ぶ、アニメビジネスのメタ構造には毒がある。長いスパンで自然や都市を捉え、文明の宿命を語る挿話もぬかりない。打算的な社会で生き抜くには、世界のバランスなど知ったことかという境地は、むしろ現代人の本音ではないか。狂った天気が恒常化した現実に怯える我々の実感を踏まえ、ネット上の正義を挑発したともいえるスタンスは頼もしい。愛の発露が先走り感傷的すぎた前作より、遥かに深みが生まれた。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」劇場パンフ寄稿●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン、図録寄稿●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク