シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

1より断然イイ!

  • ペット2
    ★★★★

    単純な着想から物語にし、予想通りのドタバタ劇で押し切った前作。
    ヒットが背中を押したのか、同じ製作陣とは思えぬ濃密な内容と大胆な飛躍に驚き。
    とりわけ冒頭。
    1から2へと至る飼い主の人生を省略する思い切りの良さは『カールじいさんの空飛ぶ家』を彷彿。
    舞台もN.Y.から広がり、作品にダイナミックさが生まれた。
    マックスの行動範囲を広げる布石となるのが、旅行先で出会う農場犬ルースターとの出会い。
    マックスに外で生きるルールと術、犬としての誇りと勇気を与える。
    これは流行の”ペット見守りカメラ”でも窺い知ることのできない彼らだけの掟と友情。
    改めて世界は我々だけのものではないことを教えてくれるのだ。

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごと博物館内で「おしごとシアター」などで執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク