シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『シャイニング』『フランケンシュタインの花嫁』の予習を。

  • トイ・ストーリー4
    ★★★★★

    美しく完結していた「3」のあと、どうするんだろうと思ったら、玩具仲間の物語を離れて、なんとほとんどウディの冒険行へシフト。しかも自己卑下のカタマリで「ご主人さま」に愛されているのに愛されるのを拒否するフォーキーと、「愛されなくなったことから偏執的な妄念に囚われる」ギャビーという、かなり不健康なキャラとの物語になるが、これがやがて共感度満点のハートウォーミングな地点へと導いていく脚本が流石。これまでも今回も、あんなに「ご主人さまのため」に滅私奉公していたウディまでがこんな道を!なラストにはまったくもって驚くけれど、いやこの先も観たくなるじゃないか。懐かしや「ビバ・ニーベル」の登場には笑った。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のスゴ映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク