シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

草なぎ剛のクズ男っぷりは最高!

  • 台風家族
    ★★★★★

    ドラマ“復讐シリーズ”のアウトローな顔だけでなく、「1本満足バー」CM風な崩壊芸も魅せる、草なぎ剛のクズ男っぷりは最高だ! 舞台的な設定のなか、“いろんな意味で”クセがありすぎる芸達者な面々との化学反応も刺激的で、伊丹十三監督の『お葬式』や、若干キャストが被る『葛城事件』にも通じる重喜劇といえるだろう。そんななか、たびたび挿入される回想シーンが心地良いテンポを妨げたかと思いきや、市井昌秀監督が書いたブラックな笑いを自身の人の良さがの邪魔をしてしまい、中盤以降の失速感は否めない。そのため、かなり思い切ったクライマックスも個人的は好きだが、やや微妙な気もする。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて萩原利久、「TV LIFE」にて前田敦子、山田孝之&森田望智、「T.」にて吉野北人など、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク