シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

思わず「おふくろの味」が恋しくなる

  •  手作りの総菜屋を経営する年老いた母親にいつまでも甘えているダメ息子が、母親の認知症をきっかけに忘れていた過去の記憶をたどり、やがて自慢料理のひとつひとつに込められた、家族に対する母親の深い愛情を知ることになる。食とは人間にとって生活の基本。そのレシピを書き記したお料理帖は、愛する子供たちを養うため懸命になって生きてきた、一人の平凡な母親の人生の軌跡そのものだ。その計り知れない重みに胸を揺さぶられ、思わず我がおふくろの味を恋しくなる。単なるお涙頂戴のいい話にしないピリ辛な語り口もいい。もちろん、劇中に登場する料理の数々もむちゃくちゃ美味しそう!韓国家庭料理の豊かさと奥深さを知ることが出来る。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク