シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

同性婚が当たり前になる日が早く来るといいな

  • バオバオ フツウの家族
    ★★★★

    子供が欲しい同性愛者カップルの葛藤はもちろん、彼らの親世代の困惑や苦悩を丁寧に描き、希望を感じさせる仕上がりで高感度大だ。悩める妊婦と彼女を全力で守ろうとするパートナーの愛が微妙にすれ違う様も共感度大だ。台湾はアジアで最初に同性婚を認めた国であり、以前から素晴らしいLGBTQ映画も多く、本作はまさにその一つ。しかも台湾映画らしい温かな視線で人間を見つめたシエ・グアンチェン監督の手腕が光っている。これが長編デビュー作というが、こなれた演出力を発揮していて、次作がとても楽しみ。そして日本でも同性婚が当たり前になる日が早く来るといいなと思ったのでした。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク