シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

他に類を見ない前代未聞の怪作

  • ボーダー 二つの世界
    ★★★★

     これは驚くべき怪作だ。国境の瀬戸際で密輸を食い止める税関職員を主人公にしたダークな北欧ノワールの様相を呈しつつ、そこへ意表を突くようなホラー・ファンタジー要素を絡め、それでもなお徹底したリアリズムを貫くことで、社会から疎外された者の孤独と悲しみと怒りを浮き彫りにしていく。ネタバレ厳禁ゆえにこれ以上踏み込んだことは言えないが、しかし今まで誰も見たことのないタイプの映画であることは間違いないだろう。映画ジャンルの境界線(ボーダー)はもとより、人種や性別、貧富などあらゆる境界線の既成概念を覆すことで、不条理の渦巻く現代社会の暗部へと斬り込む作品だ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク