シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

討ち入りはつらいよ

  • 決算!忠臣蔵
    ★★★★★

    吉本芸人を動員し、珍説を交えた笑える時代劇を作るお祭りノリは、『ゴルフ夜明け前』に近いモノもあるが、そこは『超高速!参勤交代』以降、新感覚時代劇を送り出す松竹とのタッグ。もちろん『マンザイ太閤記』にもなっておらず、いろいろとブッ壊れていく大石内蔵助を演じる堤真一が引っ張り、しっかり安パイ。赤穂藩と石原さとみ演じる浅野内匠頭の妻との温度差、剣豪を演じる関ジャニ・横山の殺陣もなかなかだ。とはいえ、なんだかんだで、いろんな感情が入り混じる討ち入り勘定会議の痛快さに尽きるうえ、W主演である岡村隆史目当てで観てしまうと、いろんな意味で残念に思えてしまうかもしれない。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて渡辺大知、「TV LIFE」にて森七菜、「T.」にて吉野北人など、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク