学生たちの仮想サバイバルは短編映画向きだったかも?

2014年5月18日 なかざわひでゆき ラスト・ワールド ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ラスト・ワールド

 もし世界の終りがやって来て、クラス20人の内10人しかシェルターに入れないとしたら、あなたなら誰を選ぶか…という課題を出された学生たちのサバイバル・シュミレーションを描く。
 CGを使った終末パニックや葛藤入り乱れる人間模様も、最初から仮想世界と分かっているので緊張感に欠ける。ただ、人類の存続に役立つ人物を論理的に吟味して選ぶという方針が途中からブレ始め、やがて人間かいかに感情的で矛盾した生き物であるかが浮き彫りにされていく展開はワリと興味深い。
 とはいえ、これで1時間50分近く引っ張るのは少々厳しい。登場人物や演じる役者も存在感薄め。いっそのこと短編映画でも良かったのではなかろうか。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]