シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

トラを待ちながら

  • 男はつらいよ お帰り 寅さん
    ★★★★★

    「過去作のシーンを並び替えて、新作を作る」とは、いかにも横尾忠則な発想だが、それを実現してしまう山田洋次監督もスゴい。しかも、映画として成立させながら、「くるまや」はカフェとなり、満男は男やもめの作家になり、違う役でちょいちょい出てた笹野高史はいつの間に御前様になっている。とにかく、今を描きながら、“あの人”の帰りを待つ展開は、かなり切ない。そんななか、『家族はつらいよ』では許せないノリが許せるという卑怯さを感じながら、寅さん節での運動会やメロンの鉄板エピソードに、喜劇人・渥美清が唯一無二の存在であることを痛感させられる。にしても、リリーがリリーのままであることに驚愕!

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「DVD&動画配信でーた」にてポン・ジュノ監督×細田守監督、「CREA WEB」にて藤原季節、「映画秘宝」にてM・A・Oなど、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク