ミステリー初挑戦の永野芽郁に注目!

2020年3月3日 村松 健太郎 仮面病棟 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
仮面病棟

昨年『十二人の死にたい子供たち』をヒットさせたワーナーブラザースが手掛ける本格密室ミステリー。
監督が『屍人荘の殺人』の木村ひさし監督ということで題材との相性は抜群。
男くさい坂口健太郎もいいですが、やはり一気に主役級になった永野芽郁の熱演が嬉しいです。
永野芽郁のもミステリー、サスペンス系映画の出演は意外にも今回が初めてですが、なかなかはまっています。
原作を読まれている方でも楽しめるプラスαもあり、映画化・映像化に耐えうる脚色もあります。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:新たに短評を担当させていただきますお一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]