シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ネット黎明期の都市伝説を生々しい怪奇譚へと昇華させた佳作

  • 犬鳴村
    ★★★★

     かつてJホラー・ブームの重要な一翼を担いながらも、近年はいまひとつ精彩を欠いていた清水崇監督だが、これは久々のスマッシュヒットと呼べるだろう。インターネット黎明期に拡散された犬鳴村の都市伝説をベースに、日本古来の血筋や出自による偏見と差別を呪いの根源としつつ、その怨念が今日まで連綿と受け継がれる魑魅魍魎の世界に、SNSを通じて再びその排他性や閉鎖性が可視化されてきた現代日本社会の薄気味悪さがおのずと重なり、その生々しい恐怖に思わず戦慄する。あの伝説の怪作『犬神の悪霊(たたり)』を彷彿とさせる陰鬱な伝奇的ムードも、邦画カルトの殿堂たる往時の東映らしさへの回帰を如実に感じさせて嬉しい。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク