損得より良心に従って行動できるスペンサーに共感!

2020年3月22日 なかざわひでゆき スペンサー・コンフィデンシャル ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
スペンサー・コンフィデンシャル

 かつて『私立探偵スペンサー』としてテレビドラマ化もされた人気犯罪小説シリーズの映画化…といっても、こちらは生みの親ロバート・B・パーカーからシリーズを引き継いだエース・アトキンスの小説が原作だ。困った人がいれば助けずにいられない熱血漢で、そのせいで刑務所に入った元警官スペンサーがボクサー志望の巨漢ホークと組んで、かつての同僚である汚職警官グループとギャングの癒着を暴くことになる。全体的には軽いノリのバディ物アクションで、テレビドラマのパイロット版的な印象は否めないものの、日本でも公権力による不正が半ば公然とまかり通る昨今、己の良心に従って行動できる男たちの物語には思わず熱くなる。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]