『三島由起夫 vs 東大全共闘』と併せて観るならコレだろう

2020年3月24日 森 直人 ワンダーウォール 劇場版 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ワンダーウォール 劇場版

渡辺あや脚本、NHK京都制作の2018年ドラマが劇場版となって登場。京宮大学の学生寮「近衛寮」(京都大の吉田寮がモデル)の老朽化に当たり、それを潰そうとする大学側と学生達が対立する。『四畳半神話大系』『夜は短し歩けよ乙女』をちらっと連想しつつ、この青春群像は大きな抑圧から自分たちの「居場所」を守るための闘争となる。

「壁」という主題を巡り、ベルリンの壁崩壊からトランプ政策への補助線を引くことで本作は世界構造の縮図となった。近衛寮のような解放区(アジール)あるいは聖域(サンクチュアリ)が地球上にたくさん在ると想像すること。今の等身大のサイズで展開される「学生(政治)運動」の一形態がここにある。

森 直人

森 直人

略歴:映画評論家、ライター。1971年和歌山生まれ。著書に『シネマ・ガレージ~廃墟のなかの子供たち~』(フィルムアート社)、編著に『21世紀/シネマX』『シネ・アーティスト伝説』『日本発 映画ゼロ世代』(フィルムアート社)『ゼロ年代+の映画』(河出書房新社)ほか。「週刊文春」「朝日新聞」「キネマ旬報」「TV Bros.」「メンズノンノ」「Numero TOKYO (Web)」「映画秘宝」などでも定期的に執筆中。※illustrated by トチハラユミ画伯。

近況:YouTubeチャンネル『活弁シネマ倶楽部』でMC担当中。3月27日より、豊島圭介監督(『三島由起夫vs東大全共闘』)の回を配信中。ほか、入江悠監督(『AI崩壊』)、タナダユキ監督(『ロマンスドール』)、岩井澤健治監督&大橋裕之さん(『音楽』)、片山慎三監督(『岬の兄妹』)と『パラサイト 半地下の家族』を語り尽くす特番、森達也監督&河村光庸プロデューサー(『i 新聞記者ドキュメント』)、小林啓一監督(『殺さない彼と死なない彼女』)、竹内洋介監督(『種をまく人』)、渡辺紘文監督&雄司さん(『普通は走り出す』など大田原愚豚舎の世界)、瀬々敬久監督(『楽園』)、今泉力哉監督(『アイネクライネナハトムジーク』)、二ノ宮隆太郎監督(『お嬢ちゃん』)、大森立嗣監督(『タロウのバカ』)、樋口尚文監督(『葬式の名人』)等々を配信中。アーカイブ動画は全ていつでも観れます。

サイト: https://morinao.blog.so-net.ne.jp/

森 直人さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]