鬼才が痛烈に謳う「バカは死ななきゃ治らない」

2020年3月24日 相馬 学 デッド・ドント・ダイ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
デッド・ドント・ダイ

 B・マーレイとA・ドライバーがジャームッシュ作品でゾンビと戦うのだから、ホラーというよりコメディであるのは必然。他にもT・スウィントンやT・ウェイツ、イギーらが登場し、さながらジャームッシュ・オールスターズ。それだけでファンは必見。

 田舎町で展開する終末騒動はノンキなムードにあふれ、オフビート感たっぷり。ゾンビが生前の趣味やこだわりを持っているという設定も笑いを醸すうえで効いている。

 とはいえ笑ってばかりいられないジャームッシュ作品。スマホやPCに囚われている人間がゾンビのよう思えたと彼は語るが、そんな社会への風刺も抜かりない。愚かな人類はゾンビと同等……と言わんばかりの毒気。強烈!

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』他の劇場パンフレットに寄稿。趣味でやっているクラブイベントDJの方も忙しくなってきました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]