追従か、反逆か? それが問題ってことで。

2020年3月26日 山縣みどり 囚われた国家 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
囚われた国家

80年大の人気TVシリーズ『V』を彷彿させる設定と展開で、トランプ大統領下で分断が進み、真実すらフェイク・ニュース化される現代アメリカに警鐘を鳴らすつもりだったはず。とはいえ地球の資源を搾取するエイリアンに追従する富裕層と反逆する庶民の差がさほど明確に描かれておらず、メッセージが伝わりにくい。J・グッドマンはじめとする主要キャスト4名以外の、自由のための戦いに身を投じるキャラクターの扱いが雑なのに驚くが、これが戦闘のリアルということ? 名作『アルジェの戦い』にインスパイアされたと明言しているR・ワイアット監督の、比較を恐れない勇気は立派だが……。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]