超豪華、原点回帰

2020年11月26日 村松 健太郎 新解釈・三國志 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新解釈・三國志

壮大な歴史絵巻や、スペクタクルシーンを期待しないでください。そういう三國志ではありませんので。
エピソードの繋がりは緩やかで、どちらかというと一つ一つのシーンの中でどれだけワチャワチャとふざけることができるかを突き詰めた映画。
福田監督の初期ドラマ、映画、そして舞台作品を想起させる原点回帰を感じさせます。
ただし、そこに出てくる人は隅々までとにかく豪華絢爛。そしてついに大泉洋が登板したのも嬉しいですね。
アクションシーンについては『銀魂』『今日俺』の経験もあってか、なかなか映えます。
大変お気楽な三國志でございました。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]