その優しさに、いい意味で裏切られる。

2020年4月25日 くれい響 水曜日が消えた ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
水曜日が消えた

多重人格者が巻き込まれるサスペンスというよりは、自分探しや他者との繋がりが丁寧に描かれたヒューマンドラマといえるだろう。長編デビュー作にして、なかなかの映像センスを発揮する吉野耕平監督だが、『君の名は。』において回想パートCGを担当していたクリエイターだけに、いろいろと腑に落ちる部分もある。つまり、一部で話題になっていた“月曜日が消えた”こと『セブン・シスターズ』とは、完全に別モノ。どこか切なくて、ハートウォーミングな感触としては、窪塚洋介の『Laundry』に近いものもあり、いい意味で裏切られること間違いなし。ただ、冒頭あたりで、ガッツリと中村倫也七変化を堪能したかった感はアリ。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『イップ・マン 完結』『眉村ちあきのすべて(仮)』『プロジェクトグーテンベルク 贋札王』『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』『オーバー・エベレスト/陰謀の氷壁』『地獄少女』『アイネクライネナハトムジーク』『見えない目撃者』『プライベート・ウォー』『サマー・オブ・84』 『映画 賭ケグルイ』『オーヴァーロード』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ- 』『サイバー・ミッション』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅井友香さん、「Movie Walker」にてポン・ジュノ監督×細田守監督、「香港ポスト」にて谷垣健治監督、「CREA WEB」にて戸塚純貴さんなど、インタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]