緻密に計算された残酷シーンを堪能する初期アルジェント作

2020年4月26日 なかざわひでゆき 4匹の蝿 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
4匹の蝿

 ダリオ・アルジェント監督初期の隠れた名作ジャッロ。疾走するように激しいサイケロックのサウンドに、ドックンドックンと血管の脈打つ剥き出しの心臓がカットインされるオープニング映像からして、若きアルジェントの才気がほとばしる。正体不明のストーカーに追い詰められていくロックスターの恐怖を描くが、しかしやはり最大の見どころは細部まで徹底的に計算されたウルトラ・スタイリッシュな殺人シーンの数々だろう。中でも、巨匠エンニオ・モリコーネによる切なく哀しいメロディに乗せて、クラッシュした車のフロントガラスが犯人の首を吹っ飛ばすクライマックスのスローモーションはジャッロ史上屈指の名場面だ。(DVD発売)

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]