こんなバカ殿に国政をお任せしたい!?

2020年4月28日 相馬 学 のぼうの城 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
のぼうの城

 東日本大震災の年に作られたため、当時は“水攻め”のシーンが津波を思わせてツラいとの声も聞かれた。そういう点では不遇な作品だが、普遍の面白さを持つ時代劇であるのも事実。

 平時は城外で農民と笑ったり踊ったりしている呑気なバカ殿が、戦時で劣勢を跳ね返してしまう奇跡。本作がスポットを当てるのは、その人間力ともいうべき一個人の魅力。城内でも外でも人と同じ目線に立てることに加え、本能的に他人の心をとらえる、そんな才がチャームと化す。

 バカ殿役の野村萬歳はクライマックスの肉体表現の上でも、これ以上にないキャスティング。平時ではない2020年に見ると、こんな為政者の存在が羨ましくなる!?

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』他の劇場パンフレットに寄稿。趣味でやっているクラブイベントDJの方も忙しくなってきました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]