「アイアンマン」はここから始まった

2020年5月20日 平沢 薫 キスキス,バンバン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キスキス,バンバン

 ロバート・ダウニー・Jr が自分の出演作中でもっとも気に入っているのは、「アイアンマン」ではなく、この映画。2020年1月にポッドキャストでそう語っている。映画はヒットしなかったが、これを見たジョン・ファヴロー監督が気に入り"この主人公はアクション映画をやらなくちゃ"と言って彼を抜擢したのが「アイアンマン」だったという。しかしおそらくそれだけではなく、本作の独特なオフビート感覚、ちょっと分かりにくいギャグ、今だったら許されないだろうアブナいジョークのテイストが、ダウニー・Jr の個人的嗜好に合うのではないか。「アイアンマン3」に本作の監督シェーン・ブラックが起用されたのはそのせいかも。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」「Movie Walker」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:「ザ・ループ TALES FROM THE LOOP」@Amazon Prime の世界が静かで寒くて切ない。クリエイター・コンビの一人は、ディストピア画集「エレクトリック・ステイト」のシモン・ストーレンハーグ。もう一人は「レギオン」「アウトキャスト」の脚本家ナサニエル・ハルパーン。この2人にピンとくるなら必見。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]