愛すべき未来へ

2020年11月26日 村松 健太郎 天外者(てんがらもん) ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
天外者(てんがらもん)

商人(あきんど)の世界からビジネスマンの世界への変遷を描き、経済、商業、国際競争力の強化という点から幕末から明治の動乱期を描いて見せる新感覚時代劇。
三浦春馬の熱演に加えて、三浦翔平、西川貴教、森永悠希といった芸達者の味を堪能できます。
前半の五代友厚(才助)の無邪気さと挫折、無力感を感じさせるカギとなる遊女を演じた森川葵がとても効果的に機能していました。トーマス・グラバーがここまでがっつり出てくるのも珍しいでしょう。
強い得て言えばあと10分長くして、薩摩藩の雄大な風景をもっと見たかった。
来年の大河『晴天を衝け』の予習編としてもいいと思います。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]